芸スポ

【声優】活動50周年レジェンド声優・若本規夫「あと10年、一線で」 76歳が明かす驚異の鍛錬メニュー [爆笑ゴリラ★]

1 :爆笑ゴリラ ★:2022/03/28(月) 10:08:28.79 ID:CAP_USER9.net
3/27(日) 9:00
よろず〜ニュース

活動50周年レジェンド声優・若本規夫「あと10年、一線で」 76歳が明かす驚異の鍛錬メニュー

 活動50周年を迎えた声優・ナレーターの若本規夫(76)が「あと10年、一線で」と、第一線でのさらなる活躍を宣言した。フジテレビ系「人志松本のすべらない話」のナレーションや、アニメ「サザエさん」の穴子役で知られるレジェンド声優は、25日に初の自伝「若本規夫のすべらない話」(主婦の友社)を刊行。よろず〜ニュースの取材に、日課の鍛錬メニューを明かし生涯現役に自信を見せた。

 76歳とは思えない声量に、ただただ圧倒される。声の張り。べらんめえ口調。無頼漢、という言葉がぴったりハマる。「それこそ無頼漢だよ。声だけだからね。声優は。俳優は身ぶりがあるけど、声だけでその役柄を典型的に視聴者の耳に、浸透していくっていうのは並大抵の声だとだめなんでね」。刀鍛冶が熱い鉄を打つように、50年の歴史が若本節に磨きをかけた。

 1日3時間のトレーニングを、日課にしている。呼吸力を鍛える呼吸法に1時間半。発声練習で、また1時間半。夜の仕事を極力入れないなど、徹底した体調管理も欠かさない。まさにレジェンド、いや鉄人だ。「鍛錬だな。鍛錬がどこまでやれるかで決まってくると思うんでね。昔はもっとやった。鍛錬しなかったら終わる。そういうものなのよ」と力を込めた。

 鍛錬は、50歳目前で始めた。天命を知る年齢になり、新規の仕事がパタッと来なくなったことが転機になった。依頼が来なくなった理由を突き詰める。「分かったのは、僕の演技が中心をよけて堂々めぐりしてると。形はそこそこいいんだよ。サマになっているけど、中心がないわけで。へそがないっていうかね。空洞ですよ」。裏がにじみ出るような、深みが感じられるような声づくりの必要性に気づいたという。

 すべてを捨てる決意で、一から声づくりの鍛錬に励んだ。声優になって25年。これまでのキャリアに革命を起こした。「一切これまでのものを捨てて、全部捨てて。捨てないとだめだから。一からやり直してね。50歳ぐらいまでは多少なりとも鍛錬やってたけど、そんなものは革命的な鍛錬じゃないんだよ」と当時を振り返る。呼吸法、大道芸、古神道の祝詞(のりと)の奏上、浪曲、尺八…。ピンと来たさまざまな習い事を見つけては、弟子入りした。

 警視庁の警察官から転身した異能の声優。学生運動が盛んだった1960年代には、特別機動予備隊として訓練も受けていた。電車の網棚から落ちてきた新聞で読んだアテレコ教室に即応募したことがきっかけで、現在の第一歩を踏み出す。天職を決めたひらめきと瞬発力が、突破口になる。「習い事は全部、即だから。これいいな、と思ったらすぐ電話して。しばらく行ってみる。声優は瞬発力だから」と危機を打開していった。

 大道芸の師匠のもとには5、6年通い、口上を学んだ。地べたの声、芸というものが、今後の声優生活で必要になるものと感じたという。「地べたの土間の何もないところで、むき出しの裸のセリフ回しというのかな。そういうものが必要だと思った。自己満足的にマイクの前で気取ってね。俺の声、どう?ほれた?みたいな。そんなんじゃだめなんだよ。響かないんだよ」と語気を強めた。

 すぐには結果が出なかったというが、3〜4年経つと成果が出てきたという。「現場で裏打ちされたものが出てくるんだよね。モニタールームを見ていると(スタッフが)ギョッと、びっくりしているのがあったりして。これは気に入っているんだ、というのがわかるようになってきた」。ナレーターを始めたのもこの頃。手に入れたすべらない声を武器に、バラエティー番組、CMのナレーションで新境地を切り開いた。

 マネジャーは「50歳とか60歳とかの時も、10年後、もっとすごくなると言ってくれた。その通りになっている」と舌を巻く。圧倒的な鍛錬の時間と質量で、進化し続ける76歳。「このままの鍛錬でいくと、あと10年は大丈夫かなと思う。10年以降となると、ちょっとわからないけどね」。「すべらない―」のナレーションのように、若本が語る話は10年後、すべて実話にな〜る〜。


https://news.yahoo.co.jp/articles/c8188b94d16d888b4f381cb44aea20072901ad26

123 :名無しさん@恐縮です:2022/03/28(月) 13:01:21.02 ID:DHnaWcVg0.net

寿里という俳優さんがある番組ですべらない話のナレーションをマネしてたけどけっこう似てる

89 :名無しさん@恐縮です:2022/03/28(月) 11:42:19.24 ID:r9r0kbkR0.net

毎日3時間の鍛錬てすごいな

8 :名無しさん@恐縮です:2022/03/28(月) 10:13:30.07 ID:2r3X8v8s0.net

かっこいい

136 :名無しさん@恐縮です:2022/03/28(月) 14:07:54.89 ID:WWPXYYBu0.net

セルより金色のガッシュのビクトリーム様のせいな気がする

164 :名無しさん@恐縮です:2022/03/28(月) 17:20:32.80 ID:KFui7nMf0.net

若本さんでももう声の衰えは始まってるよ
あとは図々しいと思う

61 :名無しさん@恐縮です:2022/03/28(月) 10:57:24.61 ID:pBZ8/M8A0.net

すべらない話のナレが世間受けしたのをキッカケに芸が狂ったんじゃないのか

160 :名無しさん@恐縮です:2022/03/28(月) 17:10:30.95 ID:fRiIVo1e0.net

>>128
金田朋子
地声すら同じ

214 :名無しさん@恐縮です:2022/03/31(木) 23:10:17.26 ID:/bFtHCpc0.net

リバ来た芳一

75 :名無しさん@恐縮です:2022/03/28(月) 11:07:29.96 ID:emdBZvhs0.net

Pセルの人?

79 :名無しさん@恐縮です:2022/03/28(月) 11:26:20.92 ID:imfWYIdt0.net

声優の演技に文句を言うなら、その時の演出や音響監督の名前を覚えとけ
声優はガラス越しに指示通りに動くだけ

77 :名無しさん@恐縮です:2022/03/28(月) 11:18:24.56 ID:dVfV3gkt0.net

ひょっこりひょうたん島で
お芝居されてた熊倉さんや、若山さんやバンサさんみたいな
子供向け人形劇のお芝居みたいな飾り気が芝居にあられて
芝居がとてもわかりやすいんだよね。
NHKの子供向け人形劇的なわかりやすさで作品を娯楽として
整えられる芝居っていうかね。
子供から大人まで楽しめるような節
若本さんの芝居のことを過剰演技だって文句いう人いるけど
じゃあここまでパツと物語に人形劇みたいなわかりやすさで
子供が金曜日ロードショーとかで見ててもすぐに
入り込める芝居の線を出せる人はもうほとんど天国いかれたでしょ
って思うよ。
今の若い声優さんはどっちかって言えばカメレオン役者みたいな
人の方が多いから

217 :名無しさん@恐縮です:2022/03/31(木) 23:56:42.54 ID:YjHvk73y0.net

うろつき童子の悪役の声は本当にカッコよかったよ。今はもうあんな声は出せないんだろう

94 :名無しさん@恐縮です:2022/03/28(月) 11:52:49.17 ID:dVfV3gkt0.net

5社協定時代の昔の映画なんてスター俳優ありきで映画会社が
映画作ってたんだから、あの時代のスター映画を見て
育った世代の人らは、自分の芝居の節で芝居ができて
それが制作さんに必要とされるってのは
自分の役者としてのスター性を証明する誇りなわけだよ。
スター映画の反対で芸術的映画ってのがあるけど、これは
監督さんとかの演出が目立つタイプの、役者さんのスター性に
頼らない作りのタイプの映画なのね。
若い声優さんが声をコロコロ変えるってのは山寺さんの
せいだっていう人いるけど、本誌的にあるのは
スター映画的な自分の節だけで芝居をやって人気を
はくすようなスター俳優を見下して、色々な芝居ができる
芸術的な芝居、芸術的なアテレコこそ優れた芝居だっていう
心理が若い声優さんにあると思うのね。
それは5社協定時代のスター映画のスター俳優さんらを
過去の存在として自分らとは違う存在っていうカテゴリーに
入れちゃってるからだと思うの。
三船敏郎さんや石原裕次郎さんをライバルとは
思ってないんだよね。それは
演じ手ではなく視聴者も同じで、自分の節だけで
スターが芝居をして成立させることへの軽視があるわけで
近年の声優人気によるアテレコの神格化が変な
芸術的映画性を言葉に求めた結果だと思うのね。
でも同時に視聴者は娯楽であることも望むから
若山弦蔵さんが悪貨と言わるような言葉を
芸術と勘違いしたところで文句が出てくる
なんかもうそういうカオスだよね

151 :名無しさん@恐縮です:2022/03/28(月) 15:55:00.90 ID:kIbkrJ/c0.net

野沢雅子(85) 悟空
石丸博也(81)  
青森伸(80)
緒方賢一(79)
池田勝(79)
池水通洋(78)
野田圭一(78) 
秋元羊介(77)
麦人(77)
若本規夫(76)  セル
大林隆介(75)
西村知道(75)
佐藤正治(75) 亀仙人
古川登志夫(75)  ピッコロ
神谷明(75) ガーリックJr.
田中亮一(74)
宝亀克寿(74)
屋良有作(73)
玄田哲章(73) シュウ
銀河万丈(73)
池田秀一(71)
安原義人(71)
龍田直樹(71)  ウーロン
田中秀幸(70)
仲野裕(70)
中尾隆聖(70) フリーザ
稲葉実(69)
大友龍三郎(69)  牛魔王
堀之紀(68)
江原正士(68)
内田直哉(68)
古谷徹(68)  ヤムチャ
千葉繁(68)  ピラフ
井上和彦(68)
堀秀行(68)
山田栄子(68) マイ
山路和弘(67)
中田譲治(67)
大塚芳忠(67)
田中正彦(66)
田中真弓(66) クリリン
島田敏(66)  ブロリー
二又一成(66)
塩屋浩三(65) 魔人ブウ
堀内賢雄(63)  
チョー(63)
堀川りょう(63) ベジータ
速水奨(62)
宮本充(62)
矢尾一樹(62)
飛田展男(61)
大塚明夫(61)
松本保典(61)
大川透(61)
松山鷹志(61)
立木文彦(60)
山寺宏一(60) ビルス

どうすんだよこれ

125 :名無しさん@恐縮です:2022/03/28(月) 13:06:12.93 ID:WtqxHAsy0.net

この人のナレーションがおもしろすぎるw

105 :名無しさん@恐縮です:2022/03/28(月) 12:21:25.61 ID:cyiJSuLB0.net

花沢さんの父とアナゴさんが顔を会わす所は見たことがない

62 :名無しさん@恐縮です:2022/03/28(月) 10:57:27.31 ID:Y/kosE3C0.net

>>3
立木文彦よりは聞いていられる

215 :名無しさん@恐縮です:2022/03/31(木) 23:24:50.36 ID:j8dZM6SH0.net

「俺はカイザーと戦い、それによって充足感を得るために、生きてきたのではなかったのかと!」
「スパイク、今、自分がどんな顔をしているか、わかるか」
「俺は逃げたんじゃない」

このへんの演技はもう至高。無形文化遺産レベル

153 :名無しさん@恐縮です:2022/03/28(月) 15:57:05.30 ID:BkduwQZ70.net

協力わかもと

122 :名無しさん@恐縮です:2022/03/28(月) 13:01:18.46 ID:8bjWs8mj0.net

野沢雅子:芸歴82年
※太平洋戦争の前から役者に従事

88 :名無しさん@恐縮です:2022/03/28(月) 11:42:03.67 ID:i5mZ/i3J0.net

つべのナレーションで中途半端に真似たヤツがいるので
本家本元の実力を見せつけてやって欲しい

6 :名無しさん@恐縮です:2022/03/28(月) 10:12:24.81 ID:+CK8fOx+0.net

ダンバインのナレーションとか凄い良い声
セル前後で望まれるものが変化したんだろな

212 :名無しさん@恐縮です:2022/03/31(木) 20:41:37.86 ID:ea6NfeNr0.net

ムカデ人間

212 :名無しさん@恐縮です:2022/03/31(木) 20:41:37.86 ID:ea6NfeNr0.net

ムカデ人間

175 :名無しさん@恐縮です:2022/03/28(月) 22:02:14.52 ID:7++0JcTc0.net

>>174
大御所にダメ出し出来るワケ無えだろアホ

15 :名無しさん@恐縮です:2022/03/28(月) 10:18:17.41 ID:GySIG0GY0.net

>>3
これ
ナレーションやアニメはともかく洋画の吹替えは酷いね
良く言えば面白いけど元の役者の演技を完全に無視して
シリアスなシーンもオーバーでコミカルに喋りすぎる
字幕版と切り替えて見ると若本の自己満で別のキャラみたいになってることがざら

120 :名無しさん@恐縮です:2022/03/28(月) 12:50:29.05 ID:tX5+GiH70.net

めぞん一刻の喫茶店のマスターくらいが丁度いいのに
この10年くらいでおかしくなった

211 :名無しさん@恐縮です:2022/03/31(木) 20:35:07.84 ID:jXLHzO+o0.net

規夫

41 :名無しさん@恐縮です:2022/03/28(月) 10:38:44.94 ID:ebf64AI60.net

野沢雅子さんみたいにずっとやってくれ

19 :名無しさん@恐縮です:2022/03/28(月) 10:20:32.18 ID:gJrYW+bP0.net

確かに声に衰えを感じない

一日一回応援お願いします。

にほんブログ村 芸能ブログ 芸能ニュースへ

コメントを残す